活動報告都道府県サッカー 審判協会の活動総会報告理事会報告物品販売

令和元(2019)年度 RAJ 理事会報告

■日 時:令和元(2019)年6月1日(土)12:00 〜14:00
■会 場:JFAハウス 406会議室

出席者:
高田副会長、布瀬理事長、菊地副理事長、早嵜・今井・片桐・松崎 各常任理事、 品川・高橋(敏)・綱島・田中・綱島・松本・渡邉 各地域理事、花田(北海道代理)・白井(関西代理)、<事務局>三浦

欠席者:
永嶋会長、浅見副会長、浅井・九里常任理事、浅野東海理事、和田・塩屋園 監事

【高田副会長挨拶】
・ 永嶋会長に代わりご挨拶いたします。会長は大変お元気な様子で、今後のRAJの方針等も気にかけており、今後検討をお願いしたいとのこと。

【議題】

1.報告事項

1)理事長報告
・四国理事が前任の岩氏より松本氏に交代となった。
・昨年12月に第3回全国RA交流サッカー大会が広島で盛大に開催され、試合・懇親会も中国審判委員会と合同で大いに盛り上がった。
・アドスリー社より、テキスト(サッカーレフェリーズ)の各地域の審判講習会でのさらなる活用の依頼があった。
・アドバンス社に会員購入による本会への寄付を提案いただいた。

2)事務局報告
・ 会費未納一覧提示。会員数1,442名、自動引落手続1,276名。前年度同時期比で18名の会員増。

3)機関誌Whistle について
・35-1を予定通り6月末発行で進めている。

2.平成30年度事業報告・決算報告

・ 事業報告:6月2日理事会開催、12月22日第3回全国RA交流大会・総会・懇親会開催、機関誌Whistle年4回発行、会員証提示でのJFL・なでしこLへの入場依頼、グッズ制作・販売、出版物の活用依頼、HP 維持活用と管理 ・決算報告:4 月26日監査実施(和田・塩屋園両監事)。決算が承認された。

3.令和元(2019)年度事業計画案・予算案

・事業計画:6月1日理事会開催、常任理事会年3回開催、機関誌年4回発行、第4回全国RA交流大会・総会・懇親会開催、会員証提示でのJFL・なでしこLへの入場依頼、グッズ制作・販売、出版物の活用依頼、HP 維持活用と管理
・予算:承認された。

4.地域活動報告

北海道:
元号が令和となったことを契機に新しい組織の立ち上げ準備をしている

東北:
12月14日第4回全国RA交流サッカー大会を福島J-ヴィレッジにて開催。準備を急いでいる。多数の参加をお待ちしています。

北信越:
今年はなでしこL(長野県開催)を活用しての観戦研修会の開催を予定しているRAJのバナーのようなものを作成したらどうか。

関東:
年2回理事会を開催している。関東交流サッカー大会を5県持ち回りで実施。RA東京では、社会学習、生涯学習の場として幅広く活動を続けている。

関西:
滋賀県での取り組み報告。観戦研修という集いで、サロン的なリラックスした雰囲気で行われている。

中国:
若者は入会に際しメリットを求めている。RAJ会員としてのメンバーシップで機運を盛り上げたい。腹を割って常任理事会と摺合せ、諸課題に取り組んでいく必要がある。

四国:
審判委員会とコラボしてRA 活動が活発になるように取り組んでいきたい。

九州:
4月27日に第1回理事会を開催し50歳女性が特任理事として就任、積極的に取り組んでいる。全国交流大会を九州で開催できるよう鋭意努力している。

5.その他

・名誉会員について。理事会にて西前理事長を推薦。総会にて承認をいただく。
・会長の体調を慮り、会長を含めた役員人事の刷新を常任理事会で検討したい。 

以上

このページのトップへ 




日本サッカー審判協会